スノーボード

【必見】スノーボードは危険?怪我のリスクはあるの?

投稿日:2020年11月8日 更新日:

 

 

悩んでいる人

今まで全然趣味が無くて
引きこもっていたんだけれど、
スノーボードに興味がある…
でも危ないってよく聞くし
難しそう。
実際のところどうなの?

 

このような疑問にお答えしていくぅぅう!

 

本記事の内容

 

  • スノーボードは危険
  • 危ない理由
  • 怪我しないためにすること

 

この記事を書いた人

 

あき

ーー自己紹介ーー
・名前:あき(@aki_positive)
・サラリーマン
・最終学歴:高卒
・ブログ歴:1年
・性格:ポジティブ

 

今回は、スノーボードの危険性と
リスクを減らすための方法を紹介していく!
どのスポーツにおいても危険はつきもの。
ですが、その危険な箇所をしっかり理解することで
事故を未然に防ぐことができます。
今回はスノボに焦点を当てて
色々解説していきまーす!!

 

↓スノーボードの楽しさはコチラ↓

 

【この記事は約4分で読み終わるヨ】

 

1.スノーボードは危険で怪我のリスクあり

 

 

スノーボードは危険です。
球技やそのほかのスポーツと比べると、
やはり怪我のリスクも高いです。
なぜそんなに危険なのか?

 

1-1.慣れるまで時間がかかる

 

スノーボードは両足を板に固定して
横向きに雪山を滑ります。
これがまた難しい!!

 

まず、両足を固定する事なんて
普段絶対ありませんよね?
慣れるまでは立つことすら難しい
感じるはず…。

 

ようやく立って、いざ滑ってみると
最初のうちは転びまくると思います。
スノーボードは、ほぼ常につま先を上げたり
かかとを上げたりするので、
少しでも油断したりしたら
すぐに逆エッジがかかって転倒します。

 

センスがある人は1,2回で感覚掴めるんですが
そうでない人だと5,6回でもダメな場合があります。
個人差が凄い。

 

1-2.周りに人が多い

 

行く場所・期間・曜日・時間によってまちまちですが
雪山はだいたい人が多いです。

 

普通に滑っていても、人とぶつかりそうになる
というのは日常茶飯事。
自分がぶつからないように気を使って滑っていても、
いきなり向きを変える人や急停止する人が
居たりするので、人が多いのは怖い…。

 

1-3.スピードを出している人が多い

 

スノーボードやスキーの魅力の一つとして
『スピード』が挙げられます。

 

板と体だけで雪山を駆けるあの爽快感。
なかなか味わえるものじゃないです。
上級者なんて、「それコケたら息の根止まらん!?」
ってくらいのスピードを出しています。

 

スピード出しているのは大体上手い人なので
前にいる人を避けてくれるのですが、
「猿も木から落ちる」です。
ぶつかってしまうケースも少なからずあります。

 

自分はスピードを出していないのに
スピードを出している人に巻き込まれる可能性がある。
これがスノーボードの怖いところ。
貰い事故はしんどい…。

 

2.スノーボードで怪我のリスクを減らす方法

 

 

スノーボードは危険なのですが
そのリスクを減らすことができます。
それではいってみよう!

 

2-1.ヘルメットやプロテクターをつける

 

初心者ほどしていなくて
上級者ほどしているのがヘルメット・プロテクターです。
スポーツ全般に言えますが、予期せぬ事故は
起こってしまうもの。

 

その時、ヘルメット・プロテクターを着用していれば
怪我を軽減することができます。

 

確かに面倒くさいし、違和感も感じるかもしれませんが
命を守るための物です。
もしスノーボードにチャレンジする時があれば、
ヘルメット・プロテクターは絶対に着用してくださいね。

 

2-2.自分に合ったコースを滑る

 

雪山には、初心者・中級者・上級者コースが
あります(※雪山によって違いあり)

 

ここで自分の身の丈に合ったコースを
選ばないと、冗談抜きで命に関わります。
危ない転び方したり、コースアウトしたり…。

 

自分の実力をしっかり理解して
無謀なことはしない。
本当にこれだけは徹底してください。

 

3.【スノーボードは危険・怪我のリスク】まとめ

 

スノーボードは確かに危険で
怪我をするリスクも高いですが、
そのことをしっかり理解して
対策さえしていれば、
危険性は低くなります。

 

やるべきことをやったら
スノーボードは楽しめるはず!
興味がある人は、ぜひチャレンジしてみてください!

 

-スノーボード
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スノーボードは楽しい?始めるべき2つの理由

    みんなごきげんよう! あき(@aki_positive)だヨ!   あき ーー自己紹介ーー ・名前:あき ・サラリーマン ・最終学歴:高卒 ・ブログ歴:1年 ・性 …